SanDiskの正しい知識

SanDiskを怖いとか中国メーカーとか言い出すおっさんに正しい知識をぶつけるの超楽しい。SanDiskといえば半導体製品のメーカーとしては世界でも一流だし、SDカード規格の制定にも関わってる。四日市に東芝との合弁で工場もある。現状、SDカードのiSDIO規格に準拠してるのはFlashAirぐらいだから、iSDIOを叩きたくてArduino引っ張り出してきてSPI投げてたんだけどここ1週間ぐらい躓いてた。SDカードの規格っていつの間にか増えてたんだ。class○なんて時代遅れなんだな。この規格のSDカード読まんかこの機械。コンビニで低いの買って2回クッションかな。内臓のメモリー容量なんて少ない。けどSDカードでも規格(読み書きスピードとか容量)を注意しないと使えないから。あとは、バッテリーかな。

それと旧式と最新?だと容量の差が割とあるみたい。通信速度に違いがあるって
あとは映像が綺麗かそんな綺麗じゃないかくらいかな。ただ外れ買うとゲーム中にSDカードが抜かれたとかって強制終了する。カードリーダが傷だらけなのは扱いが雑ってのもあるけど、プラスチック筐体で鏡面仕上げというのは普通の布での乾拭きに弱い。わかってはいたけど、購入当時は確かSanDisk製SDカードの使用に限れば転送速度最速やったはずだから。6年以上前のSDカード使ってるから速度遅いので本体ストレージに入れてるにも関わらず再生遅いからどうしようもないな。MacのSDカードに入れているストレージカードの速度はこんな感じ。主に音楽データやPDFを入れているので、これくらいの速度でも特に問題はない。