SDカードの規格を注意しないと使えない

内臓のメモリー容量なんて少ない。けどSDカードでも規格(読み書きスピードとか容量)を注意しないと使えないから。あとは、バッテリーかな。SDカードは松下、サンディスク、東芝による共同開発規格だけど、主に東芝はコントローラーチップの技術がかなり高く、ロゴの開発者。しかし、メイン市場が海外だから日本では今まで一般販売はなかった。でも他社の中身は殆ど東芝。今なら、スマホやPCを基盤にして、USBやWi-Fi、Bluetooth、SDカードといった様々な物理的・電子的な規格に則った接続で、プリンターで印刷や立体出力をしたり、ビデオ通話したり、その他様々なことができるようになってる。32GBのSDHC規格のSDカードが最大容量。普通のからNewだとSDカード規格違うから気をつけよう。

SDカードの規格は同じものか。旧3DS本体に付属していたSDカードをNew3DSで使用した映像であれば信用してもいい。SDカードの規格を見ると2pin(DI)は4.7k~100kΩで、7pin(DO)は50k~100kΩでプルアップしなさいみたいなことが書かれてる。SDプレイヤーの「再生できないトラックです」突然発生案件、友人に相談したら「SDカードじゃなくてマイクロSDに変えなさいよどれだけ前の規格だと思ってるんですかね?」と言われてしまった。売りつけてくるWi-Fiファイルサーバ、コネクタがUSB-A to USB-AというUSB規格外のウンコネクタだし、標準SDカードスロット搭載だから、セット売りのmicroSDXCがUHS-3対応でも変換アダプタでロス発生するっていうウンコもウンコなあたりがホントダメ。